医療費の確定申告?セルフメディケーション税制?

確定申告の時期になると「あれ?今年は医療費控除できるんだっけ?」と治療費の領収書を集めて計算するなど準備がはじまりますよね。
さて、医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」というものが2017(平成29)年1月1日以降からスタートしたのをご存知でしょうか?
このセルフメディケーション税制は医療費控除の特例として、健康の維持増進や新兵予防の取り組みとしてスイッチOTC医薬品(指定された医薬品)を購入した場合にその費用について所得控除が受けられるというものです。
「何となく聞いたことがあるけどどっちがお得なの?」と思われる方も多いと思います。
単純にセルフメディケーション税制と医療費控除を比較してみると、控除額は医療費控除の方が大きいそうです。
目安としては10万円以内であればセルフメディケーション税制が有利で、10万円から18万8千円以内は控除額が大きい方を選択し、18万8千円以上の場合には医療費控除が有利になるそうです。
あくまでも目安の金額なので有利判定はきちんと計算して行うことをおすすめします。